公益財団法人近藤記念財団

設立趣意

設立趣意

財団法人近藤育英会設立趣意

父照男が昭和16年に大阪市西淀川区に設立した「近藤カーボン工業所」に昭和21年に入社後、昭和24年10月に「東洋炭素株式会社」に社名変更とともに取締役社長に就任してから、48年が経過しました。

社長就任後、営々汲々として同社に心血を注ぎ、現在では炭素製品の総合メーカーとして、わが国でもトップクラスの技術力を有する会社となりました。
社長就任後、満50年を目前に控え、青春時代を顧みます時、学業優秀で品行方正な生徒・学生が初志半ばにして、経済的理由等により勉学を断念せざるを得なくなるというのは、非常に残念でなりません。

他方、香川県は私の生まれ故郷であり、かつ現在も三工場すべてを香川県内に設置している関係上、かねてより県並びに地位域社会から受けている恩恵に報謝する方法が何か無いかと思案しておりました。

そこで、この度、経済的理由により修学困難な者に対し、奨学金を給付することによりその就学の援助を行い、もって香川県下における教育の振興及び人材の育成に寄与したいと考え、財団法人近藤育英会を設立するものであります。

平成6年1月10日
財団法人近藤育英会
設立代表者 近 藤 照 久

※平成28年6月に法人名称を「公益財団法人近藤記念財団」に変更いたしました。

このページのTOPへ

copy (C) 2014 KONDO-ZAIDAN.or.jp all rights reserved.